【嫁に200万円の借金】離婚しないためにやるべきことと大幅減額の方法とは?


「嫁がこっそり借金をしていた・・・」

大切な家族にそんなことがあれば、気がついた側からすればショックで頭が真っ白。

自分にも請求がくるのではないか・・・と心配になったり、離婚を考えるケースもありますよね。

私の妻も、ショッピングで気がついたら約200万円まで借金が膨らんでいました…

真面目な女性であっても、日頃のストレスなどから旦那に隠れて100万・200万という借金をしてしまうことは意外と多いのだそうです。

ですが、家庭環境を良好に保ち、離婚を避けて解決する方法ももちろんあります。

この記事では

についてまとめました。

借金に悩む方にとって、この記事が金銭的に余計なトラブルを避け、良好な夫婦関係やお子様の将来を維持する、そんなお役に立てれば幸いです。

嫁の借金が発覚した時に確認する3つのこと

妻の借金が発覚した時は誰でもショックを受けます。

ですが、まずは冷静になって以下の3つについて確認しましょう。

妻の借金を知ったらまず確認すべきこと

  • 借金の理由
  • 借金の額と借りた時期
  • 完済の意思はあるか?

①借金の理由

まずはなぜ借金をしてしまったのか、その理由が肝心です。

単なる浪費癖…と考えてしまいがちですが、

  • 家計のやりくりに困ったが言えなかった
  • 家事など夫の理解が得られずのストレス解消のため

など、ひとりで抱えていた結果、今まで話せなかったという可能性も高いのです。

②借金の額と借りた時期

次に具体的な借金の金額です。

現在の家庭の収入に対して、夫婦で返していける額なのかどうかをチェックしましょう。

現在、30万円以上の借金があり、何度も2~3万ずつ借りている、というような人は、金銭感覚が少し狂ってしまっている可能性もあり、次々に別のカード会社から催促がくることもありえます。

額を聞く時は、実際に借りている額より少なく言っていないか、必ず確認してください!

もし秘密にしている借金があっても、その額を減らす・なくす方法はある」ということを伝えて、正確な金額を把握できていることが重要です。

③完済の意思はあるか?

わざわざ聞く必要があるかとも思われそうですが、意思表示をしてもらうのは重要です。

特に妻が複数の会社から多額の借金をしている場合、必ず意思表示をしてもらいましょう。

その後、二度と借金を繰り返さないよう約束してもらい、返済プランを検討します。

離婚せずに借金を返済する方法

「妻の借金はつらいけれど、一緒に元の生活を取り戻したい」

妻と話し合い、返済の意思も確認し、これからも婚姻生活を続けると決めたなら、計画的に返済をしていきます。

借金を確実に減らしていく対応方法は以下の3つです。

基本的にはこれらを可能な限り行う必要があるので、1つずつ解説します。

①収入を増やす

副業やアルバイトで収入を増やせないかを検討します。

旦那側・妻側かかわらず、可能であればアルバイトを行うなどして世帯収入を少しでも底上げしましょう。

ただし、時間的・体力的な問題で副業はできない場合、一旦ここはあきらめても大丈夫。

②支出を減らす

収入を増やすためには時間が必要で、体力的な負担もあるのでつらい時もあります。

ですが、支出を減らすだけならすぐに実行できます。

支出を減らす参考例

  • 家賃を下げる:約90,000→50,000円(4万円節約)
  • 外食・食費を減らす:約80,000→50,000円(3万円節約)
  • 格安スマホにする:約20,000円→4,000円(1万6千円節約)

合計8万6千円の節約に!

引っ越しは費用もかかるため難しいかもしれませんが、親族にも頼れるなら検討してみても良いと思います。

実家に事情を説明し、引っ越し費用を負担してもらうなど協力してもらうのも1つの手です。

申し訳無さや、恥ずかしい気持ちはあるかもしれませんが、自分たちだけで解決できない場合は迷わず頼りましょう。

③借金を減らす

月々3万円も4万円もの額をリボ払いやカードローンで払っている場合、完済の意思があるならは債務整理をした方が楽です。

多くの場合、支出を減らす努力で毎月の支払いはなんとかできる状態になります。

ですが、実際のところそれは「支払いができる」だけで、借金はほとんど減りません。

額が1.5倍になることも!借金の恐ろしい仕組み

リボやカードローンで100万円を超えるような多額の借金をつくってしまうと、月々の支払いのほとんどは手数料に充てられてしまいます。

そのため、総支払額が借りた額の1.5倍以上になるケースも多いのです。

一般的な年利(15%)で150万借りた場合の例

上記は一般的なカードローンやリボで150万円を借金した時の例です。

総支払額は約237万円にものぼり、完済には7年近くかかってしまいます。

しかも、この状態で追加の借金をすれば、どんどん利息が膨らみ、10年やそこらでは返済が終わらないことも。

いつまでも終わらない借金が原因で、精神的にダメになってしまう人もいます。

このように返済が難しい状況の人が、経済的な更生を目指せるように、借金の減額・免除を申請できるのが債務整理なのです。

借金の支払いが困難な人への救済措置が債務整理

債務整理というのは上記のような

  • 利息や期間などの条件緩和による借金減額
  • 元金を含む借金全体の大幅減額

といった選択肢に加えて、自己破産がそれにあたります。

利息がゼロになったり、借金そのものが大幅減額できる、法的にも極めてまっとうな手段なので、利用しない手はありません。

ただし、債務整理には弁護士の力を借りる必要があります。

いきなり弁護士に相談はとハードルが高いですし…なかなかふんぎりがつかないですよね。

そこで、減額できる金額を匿名・無料で診断できるサービスをご紹介します▼

減らせる借金の額をたった60秒で調べる方法とは?

減らせる借金額を調べるのに便利なのが、スマホでたった60秒で診断ができるライズ綜合法律事務所の『無料減額診断』です。

>>カンタン60秒で診断できる公式サイトはこちら

『無料減額診断』では、相談しにくい借金の悩みを

  • 大まかな借金の金額
  • 借金している期間
  • 毎月の返済額

などをスマホで選択するだけで、たった60秒で減額診断することができるんです!

※実際にやってみるとタップするだけで簡単です。

しかも、実際に相談を行うかどうかは見積もり金額を見て、納得した上で決めれば良いので、とりあえずの診断だけでもOK!

だから、

  • 弁護士事務所に出向いて相談するのは怖い…
  • 誰にもバレたくない…

という人でも、誰にも知られず借金を減らせる金額を調べることが出来ます。

いくら減るかを見てみる>

実際に無料診断を利用した人たちの口コミ

実際に口コミも調べてみたら、返済の目処がたって安心している人が大勢いたので一部を紹介しますね。

旦那に隠れて借金していたのですが一行に残高が減らず、債務整理を考えていたときに減額診断を知りました。

ライズの診断は名前の入力をしなくても、金額だけをひとまず知れて本当に助かりました。

200万円ほどの減額ができたというのはもちろんですが、借り入れた元金がちゃんと減っているという実感がわいて、普通の暮らしができることが何よりうれしいです。(T・Sさん/36歳/愛知県)

推しのアイドルのイベントを追うのに度々出費がかさんでしまい、気がつけば150万円を超えてしまっていました。

どんどん借りては2社・3社と増えるごとに支払額も大きくなってしまい、どうしよう・・・と悩んでいるところ、SNSで無料診断を知りました。

借金の無理のない支払いペースなどの相談もできて、毎月9万円あった返済が2万5千円に。落ち着いた生活ができるようになりました。(N・Kさん/31歳/東京都)

日々のストレスをギャンブルやお酒で解消するところがあり、気がつけば借金が300万円近くまで膨らんでいました。

何社もハシゴして、支払いに追われる日々にいい加減つかれてしまい、ネットで診断サイトを見つけて利用することに。

妻にも会社にもバレずに、返済の目処をたてることができたので助かりました。(Y・Hさん/40歳/北海道)

匿名・無料で>
減額診断してみる>

取り返しのつかないことになる前に減額を

債務整理の依頼は本人しかできませんが、無料相談や診断は配偶者でもできます。

苦しい状況から脱却するため、これから安定した暮らしをしていくために重要なのは、早めに解決策を見つけること。

そのためには、個人の判断ではなく、専門家に頼るのが1番です。

中でもライズ綜合法律事務所は

  • 完全無料で診断OK
  • 債務整理の実績多数
  • 全国どこでも対応可能
  • 返済ペースの相談も完備

と、手厚いサービスで信頼できます。

今はなんとか支払いができているからと現状維持しているつもりでも、どんどん首がまわらなくなるのがリボやカードローンの恐ろしいところ。

知らずに払い続けると完済までに借りた金額の倍以上を損することもあるので、お悩みの方は、早めにチェックしてみることをおすすめします。

\借金が0になることも!/

>>カンタン60秒で診断できる公式サイトはこちら

 

「債務整理はブラックリストにのるからダメだ」と気にする女性もいますが、ブラックリストは5〜10年ほどで消えますし、夫のカードやローンの審査には影響がありません。

債務整理後の後、返済に2年かかったとして、その後3年すればブラックリストから除外されるるわけです。(期間5年だった場合)

借金まみれでお金を無駄にしながら、5年10年と返済期間を過ごすより、ずっと建設的なので、まずは匿名で減らせる借金額を確認してみてください。

※本記事にある口コミ・参考例は、個人が特定されないように実例が元になった内容です。